スイングカタリスト 後編

皆さんこんにちは、池袋ゴルフアカデミーの村井です!

今回は前回のスイングカタリストの続きになります。

池袋 ゴルフスクール,池袋 ゴルフレッスン,池袋ゴルフアカデミー

池袋 ゴルフスクール,池袋 ゴルフレッスン,池袋ゴルフアカデミー

前回は僕のスイング(フック、チーピンに悩むスイング)をスイングカタリストを使って直すやり方を書きましてが今回はスイングカタリストで分かるアベレージゴルファーの目に見えない間違った動きを紹介したいと思います!

間違った動きというかスライスが直らない方が落ち入りやすい動き、体の使い方を解説していきます。

スライスしている方がいろいろ試してもなかなかスライスが直らない。

もしくはスライスだったのが今度はフックし過ぎるなどの傾向は良く見られます。

そういう傾向の方はだいたい体が固くて回らない方が多く見られます。

そういう体が回らない方は右つま先に重心や力を加えすぎていて体が回らないようにしています。

体が固い特に30代以上の男性などは上半身はもちろん腰回りも同時に動かしてOKです🙆‍♂️その時に右かかとに重心を持っていくと回りやすくなります!

池袋 ゴルフスクール,池袋 ゴルフレッスン,池袋ゴルフアカデミー

池袋 ゴルフスクール,池袋 ゴルフレッスン,池袋ゴルフアカデミー

  かかとを上げてからテイクバックするのも有効です。

池袋 ゴルフスクール,池袋 ゴルフレッスン,池袋ゴルフアカデミー

一見スイングを映像で見ただけでは分からない力がどこに加わっているかを理解する事によって今まで出来なかったら動きが急にできるようになったりします。

この記事を読んで興味がある方は次回レッスン時にインストラクターに是非質問してみて下さい!!! そして今回スイングカタリストを使ってレッスンしてくれた忍さんありがとうこざいました!!! スイングカタリストご興味がある方は、村井まで!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


無料体験レッスンのお申し込みはこちら

Click